chromium は gn という独自?のメタビルドシステムを使っている模様なのだけれど、どうも depot_tools/ という Chromium のビルドツールから入る gn を起動させてみても

gn.py: Could not find checkout in any parent of the current path. This must be run inside a checkout.

なるエラーが出て動作しない

Chromium のソースコード、内部で依存しているライブラリが複雑で中々コンパイルが通せず厳しいものがある

Chromium のソースコードにはメモリ管理まわりなどの雑多なライブラリをまとめた base/ というディレクトリがあって、それにChromium のブラウザー以外の部分も依存している。 https://chromium.googlesource.com/chromium/mini_chromium/

mini_chromium というそれを Chromium から切り出したものがあることを知りコンパイルを試してみたが、どうも gyp でも gn でも一部しかビルドできておらず、Courgette に使えないでいて厳しい

ソフトウエアの歴史に興味を持つきっかけ * NeXTSTEP (Smalltalk 由来のオブジェクト指向) * Slackware / Plamo Linux (UNIX哲学) * GNU / FSF (自由ソフトウエア主義) * OSASK (ソフトウエア最小化, エミュレータOS)

というそれぞれがかけ離れた理想を目指しているものをプログラミングをはじめたころに短期間で吸収してしまったのが理由だと思っていたが、これにPukiwiki や osdev-j や mimix-up の henoheno さんの影響もあるなと

  • 固定された内容は hiromi-mi.github.io 以下にページを作るか、独立したリポジトリを構築して書く
  • ひとまず外部に見せられる状態にしたいだけの内容は GitHub Wiki で書く

というスタンスでやってきている

ただ、ブログなどにずっと書いている方と違って自分の知った内容などをアウトプットする機会が少ないように思うので、もう少し GitHub Wiki に書き残してもよいと思っている

やりたいことが決まっていることは前提として、作り方の道筋が既知なテーマで応募するほうがより相乗効果が引き出せるのだろうな、と

私自身の技術力では道筋の曖昧さが解消できず、迷走して迷惑をかけてしまっているように思えてならない

hiromi_mi boosted

hiromi_mi boosted